ホーム > 海王バードパークについて

2018年度海王バードパーク 野鳥解説の実施について

 

海王バードパークでは、野鳥解説指導員による野鳥解説を実施しています。

2018年度の野鳥解説の実施日時は、次のとおりです。

解説をご希望の方は、時間内に随時観察センターにお立ち寄りください。

豊富な知識と経験を持つ野鳥解説指導員が、丁寧にご説明いたします。

 


王バードパーク(富山新港臨海野鳥園)について

 

海王バードパークは海や自然とのふれあい空間を形成するために造成された野鳥園です。

池・ヨシ原・樹林地など恵まれた環境であり、かつ日本海側における渡りのコース上に

位置することから、これまでに約150種の野鳥が記録されている野鳥の聖域となっ

ています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

野鳥の観察はバードパーク内にある観察センター・観察小屋・観察壁のどこからでも

行うことができます。

園内には1年中みられる鳥として、アオサギ等のサギ類やカルガモ・オオバンなどが見られます。

秋にシベリアから渡ってきて日本で越冬する鳥を冬鳥と言います。

冬鳥には、ハクチョウ類やカモ類の他に、ツグミ類、ホオジロ類、アトリ類など

たくさんの鳥がいます。

シギ類やチドリ類は旅鳥と呼ばれ、旅の途中に日本に休息しに来ますが、国内では繁殖も越冬もしません。

繁殖地であるシベリアから越冬地である東南アジア、遠いものではオーストラリアまで旅するものもいます。

この野鳥園はこうした渡り鳥にとって大切な休息地・越冬地です。

皆さまも海王バードパークで多くの野鳥と出会ってみませんか。

 

 

 

 

 

 

 

 

○開園時間

 3月~6月、9月~10月 9:00~17:00

 7月~8月        9:00~18:00

 11月~2月       9:00~16:00

○休園日

 毎週月曜日(休日にあたる場合は火曜日)

 国民の祝日・休日の翌日(土曜日、日曜日にあたるときは開館)

 年末年始(12月29日~1月3日)

○入園料

 無料。観察センター内にはフィールドスコープが設置され気軽に野鳥の自然な姿が観察

 できます。

○交通アクセス

 北陸自動車道小杉ICより車で約20分

 (海王丸パーク駐車場より徒歩5分程度)

 万葉線海王丸駅より徒歩10分程度

 

 Facebookページ(下記画像をクリックしてください)