ホーム > トピックス > 練習船「大成丸」伏木富山港 寄港のお知らせ

練習船「大成丸」伏木富山港 寄港のお知らせ

2018年5月9日

 独立行政法人海技教育機構の練習船「大成丸」(3990トン、奧 知樹 船長)が5月21日(月)、伏木富山港に寄港します。実習生111人と乗組員46人、計157人が航海実習中で、25日(金)まで補給と休息のために海王岸壁に停泊します。

 練習船「大成丸」は平成26年4月に就航し、伏木富山港の寄港は一昨年の5月以来、通算3回目です。船体は全長91メートル、全幅15.5メートルで、海技教育機構にある練習船5隻のなかで最も新しい練習船です。 

※大成丸の詳細はこちらをクリック!!

*出港は25日午前10時を予定。

*このたびは、補給と実習生の休息を目的とした寄港となりますので、

一般公開などのイベントは実施されません。